注意点が多い合宿免許

色々なメリットが合宿免許にはありますが、デメリットもあります。
合宿免許の参加を検討している人、合宿免許に興味がある人は、事前に理解しておきましょう。

どういったデメリットがあるのか順に挙げますが、卒業までのあいだはホテルなどに寝泊りします。
教習所によっては一時帰宅を認めているところもありますが、そうでないところの場合はよほどのことがない限り、一時帰宅をすることが不可能です。
卒業するまでのあいだに外せない大事な用がないか確かめることが大切です。

宿泊施設に関しては、必要な設備や備品が全て用意されていないことがあり、用意されていても利用料が発生する場合があります。
また、食費も出るところと自炊のところとがあります。
そのほか、宿舎での飲酒が禁止されていたり、門限が決まっていたりするところもあるため、こうした制限を嫌う人は事前の確認が必要です。

それから、入校申し込みは慎重にするべきです。
というのも、予約が確定したあとのキャンセルは可能ですが、キャンセル料金が発生してしまいます。
十分に教習所の比較を行ない、ベストと思ったところに申し込み、後悔のないようにしましょう。

そのほか、仮免や卒検で落ちてしまった場合、再試験のための費用や延泊のための費用が追加でかかる場合があります。
これを保証しているところと保証外としているところがありますので、この点の確認は忘れずに行ないたいところです。

このように合宿免許へ申し込む前にチェックしなければならない注意点は複数あります。
このサイトではほかにも合宿免許に申し込む際に注意しなければならないポイントを紹介しますので、失敗したくない人は内容をご一読ください。



〔管理人推奨外部リンク〕
合宿免許の資料請求や安い価格での申し込みができるサイトです ⇒⇒⇒ 合宿免許 価格

Copyright © 2014 合宿免許での注意点 All Rights Reserved.